テクスチャー02

キャッシングというのは、担保や保証人なしで、個人の信用を担保としてお金を借りることを意味します。

 

ですからキャッシングをするときは、審査に通過する必要があります。

 

ちなみに消費者金融のキャッシングの場合、これのことを与信といいます。

 

これらを通過するためにはまず、身分を証明するものが必要となります。

 

一番よく使用されているのが、自動車運転免許証です。

 

運転免許証は、およそ8000万人が所有していると言われています。

 

この数字は、日本人が1.6人いれば、1人は運転免許証を持っている計算となります。

 

もし自動車運転免許証がない場合には、パスポートや健康保険証などが利用できます。

 

それ以外にも会社の社員証などでもOKなところがあります。

 

身分を証明するための書類以外の必要書類といえば、収入を証明するものです。

 

ただすべての場合に必要というわけではなく、融資額が50万から100万円を超えると必要となるところが多いです。

 

もちろんこれはキャッシング会社によって異なります。収入を証明するものといえば、給与明細が一般的です。

 

できれば2~3か月分以上あるといいです。給与明細がない場合には、源泉徴収票や確定申告書、税額通知票などを持って行けば大丈夫です。