IT企業系の特徴

| 未分類 |

IT企業とは、コンピューターを使って仕事をする会社、コンピューターを開発する会社、一般企業にIT技術を提供を師、仕事をしやすくする会社です。
他業界からみますと、羽振りの良さをイメージしますが、全てがそうでは無く、伸びている企業もあればつぶれている会社も同じように数多くあります。
ゼネコンと言えば、建設業のことですが、ITの分野においても、システム開発による受注金額が大きく、建設業と同じような多重な下請け構造があります。
最先端の技術であっても、常にスキルアップをしていないとスピードについていけません、絶えず知識の習得や感性を磨いていないと振り落とされる危険性があります。
ソフト開発ということからも、若い会社であることが多く、給料が高く・社員の数が少なく・社員の年齢が若い等の特徴があります。
何よりもITと言えば、夢を追っているものが多く、昼夜を問わず勤務をしています。その為、そこに努める人間にとってもサラリーマンの感覚であるよりも、経営者であると思いますが、全ての社員が経営者を目指しているのではない為に、長い労働時間は大きな問題を含んでいます。
その為に、どうしてもブラック企業に間違われるケースがあります。
人の問題が発生するケースがありますが、就業規則につきましては整備をしておく必要があります。