キャッシングの審査を通過するための条件は各社の基準によって異なるため、一概にこれをクリアしていれば融資してもらうことができるというものはありません。ただ、最低限の条件としては20歳以上で安定した収入を持つ方という規定があります。

 
キャッシングをしたら返済がありますので、もちろん返済能力がない人には融資をすることはできません。返済能力は消費者の現在の他社からの借り入れ状況に加えて収入や職種といった個人情報も合わせて判断されますので、仕事をしており定期的な収入があることが必要です。ただし、収入源は問いませんので派遣社員、パート、アルバイトでも契約することが可能となっています。

 
また、原則として未成年への融資は法律上、無効になるため行っていません。最近では18歳からを対象としたキャッシングもありますが、契約を無効にしないためには保護者の同意書が必須となっており、一般的に提供されているわけではないので20歳以上であることを前提に考えておきましょう。
以上の要件を満たして、各社の返済能力の基準をクリアする方がキャッシングを利用できるようになっています。ちなみに申込み前に融資相談をすることで、融資可能かどうかの判断もしてもらえるので問い合わせをしてみるのも一つの手です。