キャッシングは、消費者金融が提供している少額融資のサービスのことを言います。
元々、銀行などの大手の金融機関は個人の消費者に対する少額融資を実施していません。
銀行が提供している融資のサービスは大口の融資に限定されていて、これは個人に対する融資であっても変わりはないのです。

 
例えば、個人に対する住宅ローンなどはその典型で、厳しい審査をするかわりに大きなお金を貸してくれるようになっています。

 

では、一般的な個人に対する融資はどこの会社が行っているのかというと消費者金融という会社が行っているのです。
消費者金融と言うのは、文字通り消費者に対してお金を貸す金融機関のことを言います。

 

少額融資の特徴は、より消費者に対する安全性を担保するために特別な法律が適用される点にあります。
少額融資のサービスでは必ず融資の枠に関する規制が適用されるようになっており、金融機関は必要以上にお金を貸すことは出来ません。

 

しかし、こうした法律的な規制の影響によって安全性は担保出来るようになりますので、融資に関する審査は非常に簡易的なものになっているのです。
実際、無人の契約機を利用することによってお金を借りることが出来ますのでその敷居は非常に低いと言えます。